保険請求業務の負担を軽減|会社設立の便利なサービス!面倒な手続きも代行可能
ウーマン

会社設立の便利なサービス!面倒な手続きも代行可能

保険請求業務の負担を軽減

メンズ

整骨院経営をサポート

病院で治療を受ける際に整形外科の分野だけは、他の病気や怪我の治療と大きく異る面が出てきます。骨折や脱臼・捻挫などの怪我を治す場合に、医療行為を行う整形外科以外にも日本伝統の柔道整復が保険治療として認められているのです。そうした柔道整復による治療を受けられる施術所として、国家試験の柔道整復師が開業した整骨院が挙げられます。医療行為によらない保険治療が可能な施術所という点で、整骨院は例外的な存在だと言えます。国の指定した専門学校や養成機関で3年以上の教育を受け、柔道整復師の国家試験に合格した後に整骨院を開業できるようになります。開業の際には柔道整復師会に入会するかどうかを決める必要があり、入会しないという選択肢を選ぶことも可能です。必ずしもすべての人が柔道整復師会に所属しているわけではありませんが、入会しない場合には保険請求をすべて自分でしなければなりません。整骨院経営に当たってはこの保険請求が最も大きな問題となりやすく、レセプトと呼ばれる医療報酬明細書に不備があると保険が認められないこともあります。柔道整復師会では保険請求に関わる業務を代行し、整骨院経営を背後からサポートしているのです。

レセプトのチェックも重要

柔道整復師会に所属するためには一定の経費もかかりますが、保険請求業務を代行してもらえるメリットは決して小さくありません。経験の浅い柔道整復師にとって保険請求が大きな壁となる最大の理由は、健康保険適用基準の不明確さにあります。柔道整復で保険治療が認められているのは、原則として骨折とひび・脱臼・捻挫・打撲という5種類の怪我に限られます。整骨院を訪れる人の中には慢性的な肩凝りや腰痛に悩まされているケースも少なくありませんが、それらの治療には健康保険が適用できないのです。肩凝りや腰痛でも怪我が原因で痛みが生じている場合は、レセプトの書き方次第で保険適用とされることもあります。柔道整復師会では保険請求業務代行とともにレセプトのチェックを実施し、保険が通りやすくなるよう工夫しています。特に開業したばかりで勝手がわからない柔道整復師の場合は、保険請求に関する万全のサポート体制が頼りになるものです。柔道整復師会によってもそうしたサービスに違いがあるので、事前にインターネット等で情報を確認するといいでしょう。整骨院の開業支援を行っている柔道整復師会では、開業後のサポートもしっかりしているため安心です。